リンパの基礎知識

むくみは美しい体の大敵!

むくみ

顔がむくんでフェイスラインがたるんで見える、足がむくんでいつもより太い…。女性なら誰もが経験したことがあるむくみは、見た目に気になるだけでなく、肌トラブルや肥満、冷え、肩こり、新陳代謝の低下など、さまざまな体の不調を引き起こすこわーいもの。さらに、むくみを放っておくと慢性化してしまい、治りにくくなってしまいます。そんな女性の大敵むくみに密接に関係しているのが、リンパなのです。

むくみのメカニズム

むくみは、皮下組織に水分が過剰に溜まっている状態です。その水分の正体は、動脈の隙間から血管外に漏れだしたもの。その量は1日約20リットルと言われており、漏れだした水分の90%は静脈に流れていきます。静脈で処理しきれない分を処理するのがリンパ管で、それでも水分を排出しきれないと、水分は皮下組織に溜まり、むくみとなって体に表れるのです。つまり、リンパの流れが滞ると、むくみが発生するという訳です。

なぜ女性はむくみやすいの?

いちばんの原因は筋力と運動不足。足の筋肉が盛んに動くと、筋肉の伸び縮みにより、リンパ管が適度に圧迫されて血液を押し上げることができるため、むくみにくくなりますが、女性はそもそも筋肉量が少なく弱いため、むくみやすいと言えます。

また、低血圧や冷えも原因のひとつ。低血圧の場合、心臓から血液を押し出す力が弱く、水分を引き上げる力も弱くなります。また、体が冷えると、血管が収縮し、血液の流れが悪くなります。

そのほかにも、偏ったダイエットによるタンパク質不足、ストレス、不規則な生活による自律神経の働きの乱れなどもむくみを引き起こすと言われています。

むくみはセルライトを発生させる?

リンパ管は、皮下組織に溜まった脂肪や蛋白を処理します。反対に、リンパ管の働きが悪くなると脂肪がだんだん溜まってしまい、セルライトとなってしまいます。セルライトは放っておくとどんどん肥大化し、次第に周囲の血管やリンパ管を圧迫するため、さらにむくみを誘発します。また、セルライトは肌の弾力を保つコラーゲンまでも変性させるため、肌の張りを失わせ、たるみなどを生じさせます。一度できてしまったセルライトは簡単にはとれません。セルライトを生じさせないためにも、リンパ管を流れやすくすることは不可欠なのです。

むくみにはリンパマッサージ!

リンパマッサージ

リンパの流れをスムーズにすることで、むくみやセルライトの発生を抑え、美しい体へと導く。それがリンパマッサージの基本的な効果です。

リンパマッサージのポイントは、リンパ節。リンパ節はいわば関所のようなもので、リンパ液がリンパ節をスムーズに通過することで、老廃物などを排出します。リンパマッサージでは、まずはその詰まりを解除して、リンパの流れを促します。

また、リンパ液の流れと血液の流れは連動しているため、血液循環もよくなります。血行が良くなると、酸素と栄養分が体のすみずみまで届けられて細胞が元気になり、新陳代謝が活発になります。新陳代謝が活発になると、エネルギーが消費されやすくなり、太りにくくやせやすい体へと近づくでしょう。また、肌細胞の新陳代謝も活発になり、肌トラブルの解消にもつながります。

人気ランキング
  • 人気ランキングNo.1:リンパマッサージ(施術者2名 120分)
  • 人気ランキングNo.2:リンパマッサージ(施術者1名 120分)
  • 人気ランキングNo.3:メンズリンパマッサージ
メディケア店舗のご案内
営業時間(全店共通):平日・土 10:00~20:30  日・祝日 10:00~18:30

リンパマッサージWEB予約フォーム

リンパマッサージWEB予約フォーム >>